トップページ → 看護士の仕事    

看護士の仕事

ここでは看護師の仕事について紹介をしたいと思います。

看護師とは、国家資格のうちのひとつです。
医師の指導のもとに、患者の診療や治療の補助や患者の世話を行ったりすることができます。

主に、病気や怪我などで療養中の患者の世話をするのが仕事となります。
そのため、医療や薬についての知識を有し、また、患者さんの不安や苦痛などを理解し、心のケアするという能力も問われます。

看護師は、医師よりも患者と接する時間が長く、世話をしなければならないので、やりがいはとてもありますが、心身ともに大変な仕事だと思います。
また、近年では、少子化の影響もあり、看護師の数が不足しています。
なので、若手の看護士はとても重宝されています。

看護師になるためには国家資格を取得しなければなりませんが、学校で専門的な勉強をしたあとで資格試験を受けることになるので、合格率は比較的高いです。

また、絶対数が減ってきているので、就職率も高いです。

また、看護師になってからも、認定看護師や専門看護師など、さらに上のキャリアもあります。
看護師の絶対数が減っているからという理由もありますが、やはり資格の必要な専門職なので、需要はいくらでもあると思います。


一生の仕事として、続けていける職種だと思います。
とても大変な仕事ですが、やりがいはものすごくある仕事だと思います。

給料に関しても、一般の民間企業に比べるとよいと言われています。
しかし、労働内容から考えると、もう少し高くてもいいのではないかと言われることもありますが、病院や雇用形態によっても違うので、自分あったものを選びましょう。
看護師になるためにどうのようにしたらよいのでしょうか?まずは、看護師になるためには資格が必要となります。看護師系の大学や専門学校に入学し、国家試験を受け、合格しなければなりません。 
ここでは看護師の仕事について紹介をしたいと思います。看護師とは、国家資格のうちのひとつです。医師の指導のもとに、患者の診療や治療の補助や患者の世話を行ったりすることができます。
日本では、高齢化社会により、入院患者が増えるのに対し、少子化の影響で看護士が不足しているという状況が起きています。あるアンケートでは、約7割の病院で看護士不足が起きているという結果もあります。 
看護士国家試験に合格し、免許が交付されたあとの就業先ですが、病院以外にも看護士を必要としている分野はあります。看護士を必要としてる主な分野とは、下記になります。
[PR] 稼げるポイントサイト
[PR] 国内でおすすめのバイナリーオプション
[PR] ダイビング器材を調べよう!
[PR] ソーシャルレンディングのリスクとは?