トップページ → 国家資格について

国家資格について

看護師になるためにどうのようにしたらよいのでしょうか?

まずは、看護師になるためには資格が必要となります。
看護師系の大学や専門学校に入学し、国家試験を受け、合格しなければなりません。

また、高校を卒業後、専門学校や各種学校の看護師養成所で、3年間勉強をしなければなりません。
または、看護系の大学で4年間、看護系の短大で3年間勉強するという方法でもかまいません。

また、准看護師というものもあり、准看護師から看護師になる為には、准看護師の免許を取得してから、看護師になるための2年課程のコースを受ける必要があります。

中卒でも、入学する場合は、准看護師として3年以上の業務経験が必要となります。
高卒の場合には、准看護師としての業務経験がなくても入学することができます。

いずれの方法にしても、最終的には、看護師国家試験に合格する必要があります。

では、准看護師になるためにはどのようにしたらよいのでしょうか?

准看護師になるためには、准看護師養成学校に通うか、高校の衛生看護科で勉強をし、その後、各都道府県で行われる准看護師試験を受け、合格する必要があります。


看護師と准看護師との違いはどこにあるのでしょうか?

看護師と准看護師の大きな違いは、看護師は、自らの判断で自主的に看護を行うことができるのに対し、准看護師は、医師や看護師の指導のもとでしか看護を行うことができません。

またそのほかにも認定看護師や、専門看護師というものもあります。
これらは、看護師としての実務経験が5年以上あることが条件となります。 
看護師になるためにどうのようにしたらよいのでしょうか?まずは、看護師になるためには資格が必要となります。看護師系の大学や専門学校に入学し、国家試験を受け、合格しなければなりません。 
ここでは看護師の仕事について紹介をしたいと思います。看護師とは、国家資格のうちのひとつです。医師の指導のもとに、患者の診療や治療の補助や患者の世話を行ったりすることができます。
日本では、高齢化社会により、入院患者が増えるのに対し、少子化の影響で看護士が不足しているという状況が起きています。あるアンケートでは、約7割の病院で看護士不足が起きているという結果もあります。 
看護士国家試験に合格し、免許が交付されたあとの就業先ですが、病院以外にも看護士を必要としている分野はあります。看護士を必要としてる主な分野とは、下記になります。
[PR] FX口座開設
[PR] ダイビングショップならこちらで!
[PR] ソーシャルレンディングが高利回りなワケは?