トップページ → 看護士が不足している

看護士が不足している

日本では、高齢化社会により、入院患者が増えるのに対し、少子化の影響で看護士が不足しているという状況が起きています。

あるアンケートでは、約7割の病院で看護士不足が起きているという結果もあります。
厚生労働省によると、全国で約41,000人の看護士が不足しているというデータがあります。

また、不足しているのは看護士だけでなく、医師も不足しているようです。
現在医療機関では、新たな医師と看護士を獲得することに必死になっています。

看護士が不足しているという状況のため、一人一人の仕事の量が増え、また、仕事内容も複雑になり、退職をしてしまう看護士も増えているようです。
こうして退職してしまう人が増えることでさらに看護士不足となり、また退職者がでるという悪循環に陥ってしまいます。

また、一度退職してしまうと、その間に医療技術が進歩してしまい、その対応にとまどい、再就職をためらってしまう看護士がいるのも事実です。

毎年3万人の看護士の国家試験合格者がいますが、それでも年々看護士不足は深刻化しています。
逆に言えば、看護士国家試験にさえ合格してしまえば、就職にこまることはありませんが、自分にあった医療機関を選んで就職をしないと、仕事がつらかったりして、退職するという道を選んでしまうかもしれません。
そうならないためにも、就職先の状況や仕事の量などをしっかりと事前に把握しておくことが大事だと思います。
看護師になるためにどうのようにしたらよいのでしょうか?まずは、看護師になるためには資格が必要となります。看護師系の大学や専門学校に入学し、国家試験を受け、合格しなければなりません。 
ここでは看護師の仕事について紹介をしたいと思います。看護師とは、国家資格のうちのひとつです。医師の指導のもとに、患者の診療や治療の補助や患者の世話を行ったりすることができます。
日本では、高齢化社会により、入院患者が増えるのに対し、少子化の影響で看護士が不足しているという状況が起きています。あるアンケートでは、約7割の病院で看護士不足が起きているという結果もあります。 
看護士国家試験に合格し、免許が交付されたあとの就業先ですが、病院以外にも看護士を必要としている分野はあります。看護士を必要としてる主な分野とは、下記になります。
[PR] 在宅で副業しませんか?
[PR] 稼げるポイントサイト
[PR] ご友人のお祝いに胡蝶蘭を是非!